Piano Neiro Koubou
ピアノ音色工房
スタインウェイ・ボストン・エセックスピアノ宮崎県正規特約店
ピアノ調律/修理/オーバーホール



良いピアノのポイント


■ 調律の保持、外装

ピアノには、1本の弦に約80キロの張力が掛かっています。ピアノ全体の弦は約230本なので全体では18トン〜20トンの張力が掛かっていることになります。 


バイオリンやギターは弦の数は4本や6本で演奏者が毎回チューニングしますが、ピアノはそうは行きません。専門の調律師が必要です。


良いピアノは調律の狂いが少なく、ピッチ(音の高さ)の低下が平均されています
18トン〜20トンの「弦の張力」を支えるために、良い材料を使用し堅牢に造られている必要があります。 


調律が狂いにくく、なおかつブリリアントな音の響きを生み出す技術は、ピアノメーカーにとっても大変高度なこと
です。


銘器スタインウェイの場合、この構造に独自の特許を取得しています。 

ピンブロック(ピン板)に、種類の異なる6枚の堅木を45度づつずらして貼り合わせています。 

そうすることで木目の順目、逆目のバランスが一定し、調律を長く保つとともにスムーズに回転し、調律時の操作性を優れたものにしています。


外装の理想はデザインがよく、塗装も美しいことですが、最近は木目塗装のピアノも人気があります。

ピアノ塗装の種類は、黒色、ウォールナット、マホガニー、アイボリー、チークの各種艶出し、艶消し・・・・

型もシンプルで洗練されたデザインからバロック調の仕上、またデザイナーによる限定の記念モデルや特注品など多種多様です。


ただ、近年では化粧板にカバ材などに着色した安価なものから、本物の銘木(ウォールナットやマホガニー等)を使用したものまで、多種多様ですので、少し見きわめる必要はあります。 


是非、いつまでも飽きのこない"良いもの"を選定されて下さい。




≪ 戻る    目次    次へ ≫


top


有限会社ピアノ音色工房
tel. 0985-64-0570 fax. 0985-64-0577
〒880-0936 宮崎市天満2丁目1−5
スタインウェイ会特別会員・(社)日本ピアノ調律師協会会員

info@e-neiro.com

Copyright(c) 2003-2014 Piano-Neiro Koubou. All Rights Reserved.このページの内容を許可無く転載する事を禁じます。