Piano Neiro Koubou
ピアノ音色工房
スタインウェイ・ボストン・エセックスピアノ宮崎県正規特約店
ピアノ調律/修理/オーバーホール



ピアノの「騒音問題」の解決方法



ピアノの防音には3パターンの方法があります。 


1つは消音ユニット[140,000〜500,000円]の
機械をピアノに取り付け、ピアノの生音をならないようにして、電子ピアノのようにヘッドホーンで音を聞く方法です。 

前項のサイレントピアノで上げたとおりメリット・デメリットがはっきりとしています。


2つ目は、費用の掛かる、
サイレントルーム(防音室)の設置です。 一般にコストが80万円〜200万円掛かります。 

しかし、実際は"防音室内の音響(残響)"など好みの分かれるところです。


音響を考慮した場合、理想は後付のタイプではなく「部屋のリフォーム」かも知れません。 

壁を厚くし、2重窓、防音扉の状態です。床も、防音効果のあるゴムのシート等の上にフローリングや絨毯のパターンがあります。


最後の方法は、意外と手軽でお奨めです。 


「サイレントパネル」と「防音用のインシュレーター(ピアノの下に敷くお皿)」を使用した方法
です。 

サイレントパネルはピアノのサウンドボード(響板-太鼓の皮のように音の鳴る部分)に"吸音性の高い板"をはめ込み音量をコントロールします。 


壁一枚隔てると以外に音が抜けないので、通常の場合ならばこれが最も効率の良い防音対策と思います。


ピアノの騒音問題は、「ご近所に対して」と「家庭内」の問題に分かれるようですが、結局は、思いやりと気配りで柔軟な解決方法が最も効果的のようです。 






≪ 戻る          目次 ≫


top


有限会社ピアノ音色工房
tel. 0985-64-0570 fax. 0985-64-0577
〒880-0936 宮崎市天満2丁目1−5
スタインウェイ会特別会員・(社)日本ピアノ調律師協会会員

info@e-neiro.com

Copyright(c) 2003-2014 Piano-Neiro Koubou. All Rights Reserved.このページの内容を許可無く転載する事を禁じます。